駐在員の生活はどんな感じ?

MENU

ベトナム駐在員のライフスタイル

日本人が日系企業の海外駐在員としてベトナムに赴任する場合、どの程度の生活レベルになるのでしょうか。快適な生活を送れてこそ仕事でも高いパフォーマンスを発揮できますから、企業側としてもできる限りのサポートをしたいと考えています。まず住宅ですが、外国人が住む平均的な家の家賃が400米ドル前後で、1ルームか2部屋くらいの独身者の向けの部屋でそのくらいが相場です。あとはグレードによって家賃が変動し、水道光熱費やインターネット、掃除洗濯のサービスも全て込みのマンションでは1000〜1500米ドルくらいになります。大企業だと、このようなサービス付住宅を準備してくれるところもあります。

 

食費も個人差がありますが、現地の人と同じ様なメニューですべて外食すると、月に150〜200米ドルくらいだと考えられます。少し贅沢をしても300ドルくらいで十分満足できます。自炊すればもっと安くなりますがキッチン付きの家は少なく、台所がある家を選ぶと家賃が少し高くなります。都市部だとほとんど外食やデリバリーサービスを利用することになると思ってください。

 

交通費はどうでしょうか。通勤に毎日タクシーを使うとしても、おそらく1日200円程度でしょう。仮に300円くらいかかるとしても月に1万円弱です。自分で車やバイクを運転するとガソリン代がかかりますが、日本の半額から3分の2程度の値段で買えます。日用品も総じて日本より安くなっていますが気を付けたいのは家電で、電化製品は輸入品が多いため、日本より少し高価です。