病院について確認しておこう

MENU

ベトナムの医療事情

ベトナムの医療水準は、先進国と比べると低い状況にあります。アジアの中でも低めだと言われており、日本では当たり前の医療がいつでも受けられるわけではありません。異国の地で日本人が病気になると大変です。まずは病気にならないように気を付けることで、予防接種をしておくなど自分でできる努力が必要です。人口の割には病院自体が少なく、スタッフ不足で悩む医療施設も多くあり、地方に行くとそれが顕著になります。

 

ただし、以前と比べるとかなり改善されてきた感はあり、日本や欧米などに留学した後ベトナムに戻って医療に従事する人たちが増えていますし、外国の援助で建てられた病院もあります。外国人医師の指導もあって、ベトナム人の医療スタッフは少しずつ育ってきていると言えます。都市部には外国人向けの病院もあり、いざとなると頼れる病院の近くに住めば安心です。

 

ベトナムの医療事情の特徴は、高度な外科的手術ができる医師や病院が少ないことです。内科的疾患の対応レベルは上がってきているようですが、救命処置や難しい手術ができる病院が少ないので、重症患者はタイやシンガポールに搬送されることがよくあります。万が一には搬送費用がかかることを考え、海外医療保険に加入しておきましょう。