MENU

ベトナムの居住地や住宅事情

ベトナムで住む家は一戸建てがほとんどで、一人暮らし用のワンルームアパートなどは需要が少なく、都市部でもあまり見られません。場合によっては一戸建てよりも高くなるケースがあり、ほとんどの人は一戸建てを借りることになります。また、会社が世話してくれたり、友人の紹介がある場合なら、ベトナム人家族が居住している一軒家のうちの一部屋をシェアさせてもらうという方法もあります。信頼できる大家さんであれば、その方法が最も安上がりで安全です。

 

多くのベトナムの住宅は縦に長い形をしており、各階にバス・トイレが付いていることが普通です。その代りキッチンがなく、自炊するにはキッチンが付いているかどうかを確認しておく必要があります。都市部であれば、近くですぐ屋台やレストランを利用できると思われ、その場合は、キッチンはなくても大丈夫でしょう。キッチン付きであったり、家具付きであったりすると、その分家賃相場は高くなります。

 

ベトナムの住宅事情は比較的快適で、ある程度選べるほど空き家はあります。家賃は月に300米ドルくらいが平均ですが、外国人向けの住宅や、キッチンや家具などオプションが付く場合は500米ドルくらいになります。敷金は日本より多く要求され、3ヶ月分から半年分になることもあり、契約期間は最低半年くらいからで、期間は交渉次第です。日系企業に就職すればほとんどの場合には、住宅手当が支給されたり、家を準備してもらえたりなどのサポートがあります。

ベトナムにある日本人街

ベトナムで暮らす時、周りに日本人が多くいる地区に住めると何かと安心です。もちろんベトナム人がいないわけではありませんが、日本人が多く住む日本人街とも言える通りがあります。レタントン通りというそのエリアは、日本人向けのスーパーや日本料理店、居住者はほとんど日本人というマンションなどが多く建ち並んでいます。いきなりベトナム生活に飛び込むのは心配だという人や、家族連れの駐在員などは、ここに住むことが多くあります。

 

レタントン通りには日本人経営のお店も多くあり、日本食材がほとんど手に入るスーパーやコンビニが近くにあれば、いつでも和食を作ることができるので便利です。とくに日本の調味料は他の店ではあまり手に入りませんので重宝します。美容院も便利で、やはり、駐在員の奥様たちの要望にしっかり応えられると人気があります。日本人向けの病院もあり、いざという時に頼れる日本人の医療スタッフがいるので安心できます。

 

日本人街のお店では、日本に留学経験があるベトナム人やそれを目指して日本語を勉強している学生などがアルバイトしています。ですからベトナム人であっても日本語が通じることが多く、ホーチミンで働くならこの地区を居住地の候補としておくことをお勧めします。

 

ベトナムの日本人街と住宅事情記事一覧

ベトナムに住むことになると、毎日の移動手段をどうするか考えなければなりません。職場と自宅が近いなら歩いてもいいかもしれませんが時間がかかります。バスなどの公共交...

ベトナムの医療水準は、先進国と比べると低い状況にあります。アジアの中でも低めだと言われており、日本では当たり前の医療がいつでも受けられるわけではありません。異国...

日本人が日系企業の海外駐在員としてベトナムに赴任する場合、どの程度の生活レベルになるのでしょうか。快適な生活を送れてこそ仕事でも高いパフォーマンスを発揮できます...