日本人でベトナム語を生かせる求人情報

MENU

ベトナム語を生かせる求人情報

ベトナム語を習得することができたら、どんな仕事に役立てることができるのでしょうか。ベトナムでは英語や日本語だけでも就職する機会はありますが、ベトナム語ができるとさらに幅が広がります。求人情報を見ても、ベトナム語ができるかどうかで年収が200〜300万円ほど違うことがあり、かなり有利なスキルとなることは明白です。

 

求人が出ているのはまず、工場の管理や指導役としての役割で、ベトナム語が堪能な人が現地で幹部クラスとして働けば、現地スタッフと日本本社とのコミュニケーションは非常に円滑になります。そして、働く人たちも直接上司と会話できるというのは安心要素になり得ます。また、工場を管理するだけではなく、現場に密接に関わって教育することもできますし、通訳を省くことができますから経費の節約にもなります。

 

ベトナム語を生かした営業の仕事もあり、進出してくる日系企業も、外国資本も、優秀な営業マンを常に求めています。やはり地元の言語ができたほうが、営業マンの印象は良いものです。信頼関係を築いて取引につなげていく仕事ですから、ベトナム語で挨拶ができ世間話もでき、文化も理解できるとなると、多くの企業から必要とされる存在になれるでしょう。

 

そして、通訳や翻訳の仕事も需要があります。ベトナム語は習得が難しいので、他のアジア圏の国と比べると通訳の需要が高い傾向にあります。専属の通訳として就職することも可能で、とくに目立った専門知識はなくとも、ベトナム語ができるというのは貴重なスキルとなります。

 

ベトナム日本人向け求人を探す、日本で使えるおすすめ人材紹介会社

 

トップページにて、おすすめの人材紹介会社を表示しています。こちらの記事をご覧ください。