ベトナム 現地採用求人

MENU

ベトナムで現地採用を狙うには

ベトナムで働くことを目指す場合、まずは現地採用枠の求人を探すと良いでしょう。日本人を含む外国人が現地採用されるケースは多く、広く門戸が開かれています。狭き門である海外駐在員よりも、まずはベトナムで働く経験を積むことを優先するという方法もあります。

 

トップページでも紹介していますが現地採用の求人を探すならJAC Recruitmentを使って相談員と打ち合わせしながら、求人をリサーチしてもらっていくと良いと思います。

≫JAC Recruitment公式サイト

 

現地採用されるためには、ベトナムでの生活経験があると有利です。ベトナム語が堪能になる必要はありませんが、簡単な挨拶や日常生活のコミュニケーションが取れるようになっていれば評価は高まります。応募先は日系企業もありますが、ベトナムの現地企業に申し込むなら契約条件などは自分で交渉する必要があります。そのためには、ベトナムの文化やビジネス習慣を理解しておくことが大切です。また、ベトナム語は習得しにくい言語であるため、ある程度でもできる人は歓迎されます。

 

現地採用であれば、新卒の外国人が働ける可能性もあります。もちろん何かの専門スキルや実務経験があれば、それは大きな武器になります。現地採用枠での日本人の給与水準は、語学や特別なスキルがなければ月収1000米ドルくらいから、アピールポイントがあるならば1500〜2000米ドルくらいになるでしょう。ただし、福利厚生は日本ほど手厚くはありません。保険は自分で調べて加入する必要があるかもしれませんので、万が一の事故や病気の際に保証はあるのか確認しておきましょう。残業代が出ないという企業が多いと思いますが、ベトナム人はほとんど残業をする習慣はありませんので、ほぼ決まった通りの時間だけの労働になると考えてください。

 

現地採用者は契約社員のようなもので、1〜3年ほどの期間限定での仕事になることがほとんどです。一般的にはまず1年の契約となり、その後必要とみなされれば随時更新されていくことになります。その契約期間中、労働者側も仕事内容や会社の待遇、今後のキャリアを考えることができます。試用期間は2ヶ月まで設けることができるので、それも覚えておきましょう。

 

就職先の企業によって違いますが、ホーチミンやハノイなどの大都市で働くことになれば、生活に困ることはあまりないでしょう。住宅や生活基盤を自分で据えなければなりませんが、月収10万円ほどもあれば十分生活していけます。ビザや労働許可証の手続きは会社がやってくれるのか、自分で行う必要があるのかは確認してください。外国人の採用に慣れている会社かどうかで手続きの大変さが変わります。