ベトナム 駐在 求人

MENU

ベトナムで駐在員求人を探すには

駐在求人を探すということになると日系企業での求人をリサーチしていくことになります。こちらは完全に日本で活用できる人材紹介サービスに登録して進めていけばOKです。

 

トップページでも紹介していますが、駐在員の可能性がある求人を探すなら、リクルートエージェントに登録してリサーチしてもらうのが最も可能性が高いと思います。

≫リクルートエージェント公式サイト

 

ベトナム駐在求人の条件面

 

ベトナムでの海外駐在員となるために、幾つか必要なスキルや学歴があります。分かりやすく言えば、海外駐在は正社員、現地採用は契約社員のようなものだと思ってください。ベトナムに赴任したいと思ったら、中途採用で大企業に転職するのと同じくらいのハードルがあるということです。

 

まず学歴ですが、大卒もしくは専門学校卒以上が条件となります。ベトナムで労働許可証を取得するためにも必要ですし、一般的な大企業の応募条件と同じものが求められているとも言えます。しかし、学歴があればいいというものではなく、新卒で採用されて即海外赴任ということは考えにくいものです。日本である程度の実務経験を積んだ人が出向していくか、相応の経験を持つ人が採用される可能性が高いと言えます。

 

ベトナム語ができれば言うことはありませんが、ほとんどの場合英語だけでも大丈夫です。ベトナム人の現地採用者の多くは英語が話せることから、英語のコミュニケーションが図れれば問題ありません。中には日本語だけでOKという案件もあるほどで、これは語学力よりも、その会社が扱う商品の専門知識や実務経験を重視しているためと言えます。しかし、ベトナム語ができて幹部クラスの仕事ができる人材なら年収が1000万円を超えるベトナム駐在の求人もあります。

 

ベトナム駐在求人の待遇面

そして、福利厚生の面では、日系企業に就職してベトナム駐在する場合、日本の厚生年金や雇用保険、労災などに加入することができますので、保険関係は日本と変わりないと考えてOKです。給料は会社や職種によって違いがありますが、最低でも月収2000米ドル以上は期待でき、それに加えてボーナスや交通手当、住宅手当などが付くことが多いです。さらに、現地の物価は日本より安いため、しっかり貯蓄できるという人も多くいます。生活そのものはハノイやホーチミンなどの都市部では日本とほとんど変わらないと言え、外国人向けのスーパーや日本食品もあります。

 

日本からベトナムへ海外赴任していく人たちは、おおむね3〜4年の決まった任期で勤める人と、中長期的にベトナムで働くことが求められる人がいます。もし数年以上ベトナムに駐留することが予定されているなら、ベトナム語を勉強していくと良いでしょう。家族帯同で移動するとしても、日本人学校や日本人のコミュニティもあるので安心です。また、ベトナムの北部に住むか南部に住むかによって気候が違いますが、暑さは厳しいというほどではありません。